歯の豆知識

2001年9月号

審美歯科って何?~あなたは笑顔に自信がありますか?~

「美しくするために治す」歯科治療

古くから・・・

昔から中国や日本では、美人のたとえとして明眸皓歯(めいぼうこうし)という言葉が使われてきました。その人の印象を左右するのはファッションや髪型ではなく、実は美しい口元によって作り出される笑顔なのです。

「悪いから治すだけ」から「美しくするために治す」歯科治療へ!

気になる歯を美しくして心のかげりを取り除き、精神的な健康を作るのも大切な歯科治療の目的です。
とりわけ前歯は美しさと機能性という2つの要素を満たす事が要求されますが、ここでは代表的な治療法を特徴をいくつかご紹介いたします。

このような方に適しています

硬質レジン前装冠
 
メタルボンドクラウン
保険内治療
特徴
自費治療
微妙な色調・透明感が再現できません
色調
天然歯と見分けがつきません
2~3年で黄色~茶色に変化することがあります
色調の変化
色の変化はありません
材料がプラスティックなので、表面が擦りへってツヤがなくなることがあります
磨耗
硬質なので磨耗しませんが強い衝撃で欠けることがあります
水分を含むので、プラークがつきやすいため、口臭の原因になることがあります
プラークの付着
吸水性がないので、においを発生しません
オールセラミッククラウン
ポーセレンラミネートベニヤ
自費治療 自費治療
メタルボンドクラウンとの違いは、さらに天然歯に近く、金属をまったく使っていないので、金属アレルギーの心配もありません。 歯の色や形が悪い場合に、歯の表面を0.5~1ミリ削り、ラミネートベニア(シェル状の薄いセラミック)を張って修復します
メリット
・腐食や変色の心配がなく、歯ぐきが黒ずむこともない
・透明感があり、天然歯を見分けがつかないほどの色と形が再現でき、きわめて審美的効果が高い。
メリット
・素材がセラミックなので磨耗が少なく、比較的長期にわたってもちます
・麻酔などの処置なしで短時間ででき、治療日数も短く済みます
・自然な色調で、変色もしにくく光沢が長持ちします
デメリット
メタルボンドよりも費用は高めです
デメリット
・歯の表面にあるエナメル質を薄く削る必要があります
・セラミックなので、費用がかかります