歯の豆知識

2005年11月号

定期的に歯のクリーニングを

歯のクリーニング

いつも白く、美しい歯を保っていようと思ったら、日頃から歯や口の中を清潔にし、キレイにしておくことが重要です。そのためには、食後にうがいをしたり、正しいブラッシングをしたりという心がけが必要になります。とはいえ、自分でできることには限界があることも事実です。

歯の表面がざらざらしている人、間違ったブラッシングで歯に傷がついている人などは、どうしても歯に色や汚れがつきやすく、残りやすいのです。タバコを吸う人はヤニの問題がありますし、歯並びの悪い人は、どうしても磨き残しが出やすく、汚れがたまりがちです。自分ではとても丁寧にブラッシングしていると思っている人でも、歯の汚れは完全にとれておらず、ステイン(汚れ)が、ある程度歯についているものなのです。

皆さんは歯科医院で歯のクリーニングをしたことがありますか?歯の掃除というと、歯垢や歯石の除去が一般的ですが、それだけでなく車をキレイに磨きあげるようにクリーニングする方法があるのです。


ぴかぴかの歯

PMTCというものを御存知でしょうか?
機械を使って、歯科医師や歯科衛生士が歯のおそうじをすることです。3ヶ月~半年ごとにPMTCを受けることで、虫歯や歯周病の予防にもなります。
きっと「あれほど丁寧に磨いていたのに、こんなに汚れていたのか??」と、歯磨きに対する考えを一新させることでしょう。

このように、定期的に歯をクリーニングすることは、歯をいつまでもキレイに白く保つために、非常に効果的です。歯が変色したり汚くなるのは、基本的に汚れがたまり落ちなくなることが原因になっているのですから、ときどきその汚れを徹底して落としてやれば、歯が変色することも防げるのです。
定期的にかかりつけの歯科医院にかかることにより、早期診断&コントロールが可能となり、それが自分の歯を長持ちさせる一番の近道となります。

皆さんも、ぜひかかりつけの歯科医院に相談されてみてはいかがでしょうか?