歯の豆知識

2006年4月号

かかりつけ歯科医ってなに?

調子の悪い歯

皆様は、風邪ならここ、けがをすればあそこ、歯が痛くなればそこ、というふうにだいたい訪れる医院は決めていらっしゃると思います。
気持ちとしては、あまりに病状がひどいと思った時はどうしても大きな病院へ行こうと思うものです。しかし、行ってみればいつも通っている医院での治療と同じだった、という経験もあるのではないでしょうか?そうなれば、病院で長く待たされた時間、病院にすれば重度のための設備が十分に発揮できないということになります。

そこで、「まず普段通っている医院で診療を受け、さらにそこで十分治療できないとき、その医院から設備のある病院を紹介してもらう」という医院(診療所)と病院との連携が必要になってきます。現状では、数年前くらいからお互いで連絡を取り合い、機能するように図られています。

かかりつけの歯医者

まず最初に診療を受けるところである医院(診療所)のかかりつけ医・かかりつけ歯科医は、地域の人たちの健康を十分に把握していなければなりません。日ごろの健康状態を知っていて病気のときの様子が分かるものです。歯科においては、定期的に受診していただくことで、むし歯・歯周病はかなり防げるものです。また歯科の診療においても、 かかりつけ医で血圧の状態などが把握されていれば、問い合わせで安全な治療が行えます。診療所でおこなうことができない抜歯なども、病院へ紹介しおこなってもらうこともあります。

皆様もぜひ気兼ねなく話せるかかりつけ医・かかりつけ歯科医をみつけてください。それが健康を保つひとつの方法です。