歯の豆知識

2014年5月号

気づかないうちに悪化するかも。歯科治療における金属アレルギー

金属アレルギーイメージ

歯科治療では様々な金属が使われていますが、これらの金属によってアレルギーが引き起こされることもあるのです。アレルギーとは体の拒否反応です。簡単にそのメカニズムを説明しますと、まず、特定の金属イオンが体内に入り込み「抗原抗体反応」が起こります。例えばピアスや指輪をしていて、汗で溶けた金属イオンが入り込む場合もあるし、歯の詰め物のイオンが体内に入ることもあります。

その抗体が体の中にあると、その後、また同じ金属イオンが入ってきた時に体が排除しようとします。その反応が金属アレルギーというわけです。
金属アレルギーにかぎらず、アレルギーはかなりの個人差があります。抗体があってもアレルギー反応が症状として出ない人もいますし、少量に対してすぐに症状が出る人もいます。

症状も人によってさまざまですが、皮膚に発疹できる、手や足の皮がむける、皮膚がただれたり、化膿をおこすということもあります。

原因となっている物質を取り除くこととその物質を今後避けることがアレルギー反応を鎮め、再発を予防するのには不可欠です。

ところが、アレルギー反応の症状が出ているのが手や足の場合、歯の詰め物と関連があるとは患者さん自身が思いつきにくいため、原因がわからないまま症状が悪化するということがあります。

歯科治療ではさまざまな金属を使っています。いずれも、金属アレルギーの原因物質になりうるものです。

したがって、金属アレルギーを予防するには、歯科治療をする前に皮膚科に行って、パッチテストをやってもらうことをおすすめします。あらかじめわかっていれば、その金属を使わずに治療することができます。

また、歯科治療をした後に、アレルギー反応が出たという人も、早めにパッチテストを受け、原因を特定し、歯の詰め物を他の素材に詰めなおすことで対処できます。

口の中で使用する金属は長期間毎日使うものですから、自分に合った金属について歯科医とよく相談の上で決めることが望ましいでしょう。

●口腔内に使用されている金属
金、銀、銅、白金、パラジウム、イリジウム、インジウム、亜鉛、ルテニウム、スズ、チタン、ニッケル、クロム