歯の豆知識

2014年6月号

出せば出すほど得をする!?唾液をたくさん出して健康に

唾液イメージ

むし歯の原因となる細菌のおもな栄養源は、食べ物だけでなく、唾液中に含まれる糖タンパクもそのひとつ。

糖尿病にかかっている人は唾液中に大量のグルコースが含まれていて、糖分をとらないのに、むし歯になることがあります。とはいっても、唾液はむし歯の友達というわけではありません。

飲食後30分ほどたつと、唾液の能力により歯垢が中和され、歯の表面から奪われたリンやカルシウムが再び歯の表面に沈着します。また、唾液中のミネラル成分はエナメル質の部分を強くする作用があることから、常に唾液で潤った状態が歯の抵抗力を高めると言えます。唾液はおもに舌の下とほおの内側から分泌され、無意識のうちに飲み込まれます。唾液の恩恵をうけにくい下の奥歯のほお側は、舌側に比べてむし歯になる割合が高くなります。

食事は美味しくガンも予防
よく噛んで唾液をたくさん出して食事をとることで得られるメリットをあげてみましょう。

  • むし歯の予防
  • 歯周病(歯槽膿漏)の予防
  • 肥満の予防
  • ガンの予防
  • ボケの予防
  • アンチエイジング
  • 味覚を刺激する

数えあげればキリがありません。そして何よりありがたいことは、食事が美味しくなることです。

また、健康ブームの昨今、数々の高額な薬や栄養剤が販売されていますが、中には副作用があるものもあります。ところが、唾液には副作用が全くないのです。ここに元手なしで出せば出すほど得をするといった所以があります。

さぁ、今日からもう少し食事を味わってゆっくり楽しみませんか。ご家族の団らんの場である食事を、ゆっくり、美味しく食べられるだけでなく、お金で買えない健康も手に入るのです。