歯の豆知識

2016年12月号

歯科用マウスピースとは

意外と知られていないのですが、普段通われている歯医者さんで、あなた専用のマウスピースを作ってもらうことができます。今回はそんな歯科用のマウスピースを作ることで、どんなメリットがあるのかをご案内します。

マウスピースとは

取り外しが可能な歯に被せる装置のことです。上顎と下顎に分かれており、主に睡眠時に装着することで下記のような効果を得ることができます。

  • 歯のすり減りを軽減
  • 顎関節症の予防
  • 筋肉の緊張の緩和

特に歯ぎしりの治療で使われることが多くなっています。

歯ぎしりの原因
  • ストレス
  • 先天的な噛み合わせ
  • 喫煙・アルコールなど
歯ぎしりの種類
  • グラインディング(上下の歯をすり合わせる)
  • クレンチング(奥歯を強く食いしばる)
  • タッピング(カチカチと音が鳴るかみ方)
歯ぎしりの影響
  • 歯肉炎
  • 顎関節症
  • 偏頭痛
  • 肩こり
歯ぎしりの予防法
  • ストレスを溜め込まない
  • 咬合治療を受ける
  • 筋肉マッサージを行う
  • 睡眠時間をしっかりと取る
  • マウスピースの使用

自費のマウスピースと保険のマウスピースとの違い

保険適用のマウスピース
歯ぎしりの治療のためにマウスピースを製作する場合は、保険が適用されます。
寝る時の歯ぎしりが気になる方は、一度歯科医にご相談頂ければ、歯型をとってマウスピースを作ってもらえます(費用は大体5〜7,000円くらい)。

自費のマウスピース
スポーツ用のものから歯ぎしり治療まで、様々なマウスピースが歯科医院へスポーツショップ・インターネットで販売されています。すべての歯をカバーするものから、奥歯だけを固定するものまで色々なタイプがありますので、必ず装着して確かめてから購入されることをおすすめいたします。
自分の歯型にしっかりと合うマウスピースをお得に作るのであれば、やっぱり歯科医院がベストです。気になる方は、ぜひお気軽にご相談ください。