スタッフブログ~最新情報を随時更新中


第37回親子教室開催

第37回・歯の親子教室を開催しました。

今回は、12組28名のご参加をいただきました。お父様も4名来てくださり、皆さん、とても熱心で愛情深い親御さんばかりであると感じました。




シナリオは、より分かり易くするように映像を改変し、説明も繰り返して、理解を深めていただきました。
質問も飛び交い、親御さんとしての、普通に気になる面を引き出せたのではないかと思います。


虫歯だけでなく、噛み合わせもとても重要で、日常生活のちょっとした習癖で歯並びまで変わってきます。そういうことも含めて、今回はお話しさせていただきました。

あとは、フッ素の重要性や効果については、卵の実験が一番目に見えるので、理解が早いと感じます。


キシリトールについても皆さん感心を持っておられました。キシリトールが虫歯を作らないのではなく、菌がキシリトールを栄養にすることができないため、増殖しないので、虫歯になりにくいということです。

最後にフッ素を塗らせていただき、お土産もお持ち帰りいただきました。
大勢のご参加にもかかわらず、和やかに教室を終えることができ、大満足のお二人です。

本日担当の、米山衛生士、貴島衛生士、お疲れ様でした。

by 江上浩子


第36回親子教室開催

10月15日(土)に第36回イーカムキッズクラブ・親子教室を開催しました。今回のご参加は、6組12名です。
乳児を持つお母様が多く、歯のはえはじめからどうしたらいいのか、とても関心度が高い方ばかりです。
shukudscf7232

shukudscf7190shukudscf7192shukudscf7195
shukudscf7198shukudscf7199shukudscf7202
・いつ頃から歯みがきしたらいいの?
・歯ブラシはどんなものを持たせたらいいの?
・指しゃぶりは、いつ頃までに止めさせたらいいの?
・仕上げ磨きの歯ブラシを使ったほうがいいのか?
・歯みがきを毎回嫌がるが、どうしたら嫌がらないか?
・ジュースを飲んでも、歯みがきしたほうがいいのか?
・フッ素塗布は、歯が何本くらい生えたらするのか?
・フッ素洗口液は、何歳くらいから使えるのか?
・フッ素は、どれくらいの頻度で塗布してもらったらいいの?
shukudscf7207shukudscf7210
たくさんのご質問も事前にアンケートでいただいておりましたので、
皆さんに考えてお答えいただくようなセミナーにしました。
お母様方も退屈せずに、必死で聴いていただき、
さらに、理解も深めていただいたことと思います。
shukudscf7212
皆さんのご質問から、お母様方の不安をひとつずつ解決して、
これからも、わかりやすく楽しいセミナーにしていきたいと思っております。また、こんなセミナーをして欲しいというご希望も直接いただけたら嬉しいです。
これからも、予防歯科に関心を持ってくださいますように!!
shukudscf7215shukudscf7216
ご参加くださいました皆々様に、心より厚くお礼申し上げます。
今回の担当は、畑本衛生士・岩元衛生士でした。
shukudscf7228
by 江上浩子


第36回 母親教室 お知らせ\(^o^)/

来月、10月15日(土)の16時から、第36回目の親子教室を開催します♪
syuku1
最近では、お父さんも一緒に参加される親子が多く、お子さんの歯に対する関心が高まっているなと感じます。

乳幼児の歯はとても柔らかく、虫歯になりやすいです(>_<)
お母さんが歯磨きをしっかりしているのに、虫歯になってしまった…。
という事もよくあります。
乳歯の虫歯を放置しておくと、次に生えてくる永久歯にも影響を与えてしまいます。

そこで、大切なお子さんの歯を虫歯にさせない為に!
歯ブラシの使用方法や、なぜ虫歯になるのか?等のお話させて頂きたいと思います。
syuku2
最後には、お子さまに無料で虫歯予防のフッ素塗布をさせて頂いています。
対象は、就学前のお子さんです\(^o^)/
syuku3
参加ご希望の方は、いつでもスタッフにお声かけくださいね。
なお、アンケートをお渡ししますので、記入して下さい(*^.^*)
普段聞けないお子さんの歯の悩みも、3人のドクターがおりますので、じっくりご相談してくださいね☆
syuku4
たくさんの方にご参加いただけると嬉しいです!
お待ちしております(^.^)/

by畑本


第35回・歯の親子教室

第35回・歯の親子教室を開催しました。
今回は、8組20名に来ていただきました。
パパのご参加が多く、お子さんの歯への関心の高さが伺えました。
shukuDSCF3973
本日の担当は、超ベテランの米山・斉藤衛生士です。
shukuDSCF3967
shukuDSCF3969shukuDSCF3970shukuDSCF3971shukuDSCF3968shukuDSCF3937shukuDSCF3938shukuDSCF3939shukuDSCF3972
フッ素の効果を目で見る「卵の実験」は、毎回必須です。半分にはフッ素剤を塗布し、もう半分は何もしません。この状態で、お話しする時間の30分ほど、置いておきます。
shukuDSCF3941
特に、乳幼児ばかりでしたので、食事やおやつの与え方・お口の清掃の仕方・フッ素の効果について、じっくりとお話させていただきました。
虫歯の成り立ち、歯の脱灰や再石灰化についても詳しくお話しました。
shukuDSCF3947
フッ素コーティングされた卵を食酢に入れて、卵の殻の表面の状態を見比べていただきます。フッ素コーティングされたほうは、何も反応していませんが、されていないほうは、殻のカルシウムが酢と反応して溶け出し、小さな泡が付いているのが一目瞭然です。
皆さん、「わぁ、ほんまや~!!」と、感心しきりでした。

お帰り際には、歯医者さんが作ったチョコレートやおもちゃなど、お土産をお渡しいたしました。
shukuDSCF3955
shukuDSCF3958
お仲間うちで、ご紹介いただきご参加していただいたグループもあり、とっても賑やかに楽しくセミナーさせていただきました。
shukuDSCF3966
shukuDSCF3956
後日、当日の写真をお送りさせていただきます。
お忙しい中、お越しいただき、本当にありがとうございました。

by 江上浩子(カメラマン)


虫歯予防デーの3兄弟

6月4日は「虫歯予防デー」です。
今日、検診に訪れた三兄弟(8歳・7歳・4歳)です。

検診すると、3人ともに虫歯ゼロです。
ほんとに素晴らしい!!
shukuDSCF3836
3人もお子さんを育てながら、お母さんの日々の努力の賜物です。
もちろん、歯の資質もいいですが、寝る前にきちんと丁寧に歯みがきされているからだと思います。
お母さんに、表彰状を差し上げたいくらいですね。
shukuDSCF3837
検診のご褒美のガチャガチャは、お子様達にも大人気です。
僕との写真撮影も、とても素直に応じてくれました。

これからも、虫歯ゼロを継続できるように
サポートさせていただきます!!

by 江上一郎


ライオンさんから贈物

本日、ライオン歯科衛生研究所・保健研究部の衛生士さんから、歯科の本が贈られてきました。
30数年にわたり、中津保育園のフッ素塗布を支援していただいてきたのですが、このたび、会社の方針により、衛生士さん直接の支援ができなくなったとの報告をいただきました。
shukuDSCF2305
それで、お手紙とともに感謝の気持ちの品を贈らせていただきました。すると、早速に「口腔機能への気づきと支援」と「歯と歯みがきのひみつ」という本を贈ってきてくださいました。さすがに、かゆいところに手が届くというお心遣いに、恐れ入りました。
shukuDSCF2306
院長は、中津保育園の歯科園医をさせていただいているので、当院としては、これかもずっと続けていきたいと思っています。これからの、当院でのフッ素塗布活動に役立たせていただきます。
ライオン歯科衛生所の歯科衛生士の皆様、長い間お世話になり、本当にありがとうございました。心より、厚く御礼申し上げます。

by 江上一郎・浩子


第34回親子教室開催

第34回イーカムキッズクラブ(親子教室)を開催いたしました。
今回は、6組15名にご参加いただきました。
shukuDSCF1622
担当衛生士は、斎藤・畑本です。
shukuDSCF1629
いつもの基本的なお話から・・・まずは、虫歯の成り立ち。
shukuDSCF1592
唾液による「再石灰化」で初期虫歯は修復されていきます。だらだら食いは、お口の中が酸性化されている時間が長いので、虫歯になりやすいです。だから、おやつを与える時間を決めておくことが大切です。
shukuDSCF1594
食べ物や飲み物のお話。糖分がどれだけ含まれているか、お分かりですか?結構、思っている以上に砂糖が入っていますよ。
shukuDSCF1600
最後は、フッ素の効果と、フッ素塗布の重要性のお話。
shukuDSCF1606
最後に、肩こり解消のさとう式「きらきらグーパー法」を皆さんで実施。
shukuDSCF1613
ご参加いただいたお父様、お母様、本当にありがとうございました。
皆さんには、準備していたお土産をお渡しさせていただきました。
shukuDSCF1580shukuDSCF1581shukuDSCF1583shukuDSCF1585shukuDSCF1586shukuDSCF1588

by 江上浩子


素敵な手作りクッキー

いつも小さなお子様をふたり連れていらっしゃるママさん。
治療中は、当院スタッフが、交代で子守りをさせていただいております。可愛い人見知りの無い赤ちゃんなので、みんなが喜んでお守りしています。
shukuDSCF9205
今日は、ママさんから、
「いつもみてもらって、ありがとうございます。」
と、手作りクッキーを持って来てくださいました。

ステラおばさんのクッキーのように、素晴らしい出来上がりです。
「ほんまに作られたんですか?」
って、つい、尋ねてしまうほどです。
shukuDSCF9204
3種類あって、私は紅茶入りのものをいただきました。
さくさく感と甘すぎない優しい味に、舌鼓。

美味しさもさることながら、日頃の感謝の気持ちを、
このように表現していただけることが何より嬉しい瞬間です。

こんな素敵なお母さんに育てられるお子様は、とっても幸せものですね。どうぞ、お健やかにご成長されますことを、心よりお祈りしております!!

             by 江上浩子


第33回イーカムキッズクラブ

11月7日(土)に第33回イーカムキッズクラブを開催しました。
今回は、7組14名にご参加いただきました。
shukuDSCF8649
今回の発表は、米山衛生士、岩元衛生士が担当しました。
shukuDSCF8663
いつものような虫歯予防のための食習慣の改善、おやつの選び方、歯磨きの仕方などをお話させていただきました。日常生活の目線を少し変えるだけで、お子様の虫歯は、激減します。
shukuDSCF8618
ここにお話を聴きに来てくださっているご両親は、お子様のお口にとても関心を持っていただいている方ばかり。離乳食の時からできることを学んでおこうという、素晴らしいお気持ちが伝わってきました。
shukuDSCF8623
甘い物を避けて通ることはできませんが、おやつの選び方や与え方を少し工夫することで、虫歯になりにくくします。だ液をたくさん出すようにして、歯をいつも洗っているようにすることも大切です。
shukuDSCF8636
「しっかり噛む」ことも重要なポイント。理絵先生が、咬合育成の勉強をされている立場から、野菜を棒状にして噛む、固めの御飯を噛む、というような工夫をしましょうとお話してくださいました。
shukuDSCF8647
また、初期虫歯COは、毎日きちんと磨くことで、再石灰化が起こり虫歯が消えていきます。いつもお子様のお口の中に関心を持っていただき、初期虫歯を見つけていただいたら、治っていきます。
shukuDSCF8644
お子様の虫歯は、親の責任です。歯科での定期検診と、お家で口腔内を毎日チェックしていただくことが大切なことです。
shukuDSCF8629
今回ご参加いただいた皆様、お忙しい中、本当にありがとうございました。
shukuDSCF8612shukuDSCF8613shukuDSCF8614shukuDSCF8615shukuDSCF8616shukuDSCF8617shukuDSCF8628

by 江上浩子


第32回イーカムキッズクラブ

7月11日(土)に第32回イーカムキッズクラブを開催いたしました。今回は、猛暑も手伝ってか(?)4組9名のご参加でした。少人数ほど、アットホームな感じで、皆さんの質問も気軽に飛び交い、とても充実した内容でお話ができました。
shukuDSCF4996
今回の担当は、畑本・貴島衛生士です。
shukuDSCF4954
いつものように、虫歯の成り立ちから、フッ素の効果、食事や飲み物の気をつけ方、歯磨きの方法などをお話させていただきました。
shukuDSCF4932
毎回、歯磨きを嫌がるお子様に、「どのようにして磨かせればよいか」という質問が出ます。歯磨きが大好きという子は、めったにいませんので、親が毎日歯磨きしている姿を見せるのも大切なことですし、毎日磨くことが当たり前になるように、地道に積み重ねていくことが大切であるとお話ししました。
shukuDSCF4928
フッ素入りの歯磨き剤や、ガム、洗口液を日常的に使用することも重要です。まずは、お子様の口に関心を持って、注意深く見てあげるようにしましょう。
shukuDSCF4930
食事は、食べやすくせず、しっかり噛んで呑み込む習慣をつけるよう、親が日頃から気をつけるようにしましょう。日本人は、主食は「米」です。パンやうどんやスパゲティーばかり食べさせないで、白米を食べるように仕向けましょう。漬物や味噌・醤油などの発酵食品は、腸を整えます。日本食を見直しましょう。
shukuDSCF4939
毎日の食事が、皆さんの身体の細胞を作っていくのです。コンビニに頼りすぎないよう、お母さんの手作り御飯で育ててくださいね。
shukuDSCF4918shukuDSCF4993
shukuDSCF4994shukuDSCF4944
ご参加いただいたお母様方、本当にありがとうございました。いろんな疑問を投げかけていただき、こちらも勉強させていただきました。


第31回イーカムキッズクラブ

桜満開の昨日、第31回イーカムキッズクラブを開催いたしました。
今回は、7組18名のご参加をいただきました。
shukuDSCF2410
担当は、ベテランの米山・斉藤衛生士です。
shukuDSCF2419
いつものように、虫歯の原因、飲料の含まれる砂糖の量、おやつの与え方、フッ素の効果、キシリトールのお菓子、歯磨きの仕方などについてお話させていただきました。
shukuDSCF2390
shukuDSCF2394
日頃の歯磨きケアや食習慣の大切さ、おやつはお菓子ではなく、お子さんにとっては大切な食事であることもわかっていただきました。
shukuDSCF2400
shukuDSCF2405
また、口呼吸から鼻呼吸にして、唾液を促す「あいうべ体操」も1日30回やってみましょうと促しました。皆さん、とても熱心に聴いていただき、質問も活発にしていただきました。
ご参加のみなさま、本当にありがとうございました。
shukuDSCF2376shukuDSCF2377shukuDSCF2379
shukuDSCF2381shukuDSCF2382shukuDSCF2384shukuDSCF2385shukuDSCF2404


第30回親子教室

いい歯の日(11月8日)に、第30回イーカムキッズクラブ(親子教室)を開催いたしました。年に3回の開催なので、もう10年も続いていることになります。
shukuDSCF9478
shukuDSCF9346
今回の担当は、米山・畑本衛生士です。
shukuDSCF9393
6組14名にご参加いただきました。
shukuDSCF9336shukuDSCF9339shukuDSCF9341shukuDSCF9344shukuDSCF9345shukuDSCF9382
<セミナーの内容>
①虫歯の三大要因(虫歯菌の量・歯を守る力・食生活習慣)
②だらだら食いは何故いけない?
③フッ素の効果や歯磨きの仕方
shukuDSCF9352
いつもどおりですが、少人数だったので、とてもアットホームな感じで質問もいろいろと飛び交いました。
食生活において、砂糖や飲み物の摂りすぎに気をつけること、よく噛んで食べさせるように習慣付けること、食後はうがいや歯磨きを徹底することなど、お話しました。
shukuDSCF9361
キシリトールを含む食品やフッ素入りの歯磨き剤もご紹介させていただきました。
shukuDSCF9374
<質問コーナー>
(Q)何本くらい生えたら、仕上げ歯ブラシを使ったらいいですか?
(A)最初のうちは、ガーゼ等でふき取っていただいたらいいいのですが、
上下4本ずつくらい生えたら、歯ブラシを持たせて、
歯ブラシを口に入れることに慣れさせるのが大切です。
そして、仕上げ磨きを楽しんでできるようにしましょう。
無理やり、お口に歯ブラシを突っ込むと嫌がります。
必ず、唇を上にあげて歯ブラシが当たらないようし、
優しく楽しく磨いてあげるといいですね。

by 江上浩子

1 / 512345