スタッフブログ~最新情報を随時更新中

フェルメール展


先日、天王寺の大阪市立美術館で開催されている「フェルメール展」に行って来ました。
フェルメールの絵画を観るのは、今回で2回目です。

平日だったので、スムーズに館内に入れました。
入ってすぐに、作品の説明が聞ける「音声ガイド」を借りて、じっくり鑑賞することにしました。

たくさんのオランダ人画家の作品が展示されていました。
名前は聞いたこともありませんでしたが、昔の風景や生活が垣間見れる感じでした。

部屋が、第1章から第6章まであり、今回の目的のフェルメール作品は第6章の3つの部屋に2作品ずつ、
全部で6作品が展示されていました。

前に観た時は、青いターバンをした「真珠の耳飾りの少女」の絵が印象的でした。ただすごいなっていう感覚でしたが、今回は、じっくりとガイドの説明を聞きながら鑑賞したので、
1枚の絵に繊細で奥深い物語があり、
その当時の匂いや空気感みたいなものまで感じられました。

2時間くらい美術館にいて、とても落ち着いた幸せな時間でした。

帰りには、「フェルメール展に行って来ました感」満載のフォトスポットで!!

江上院長の奥さんも別日に行って来られたようです。

しっとりとした、ゆったり流れる中世の時間に浸れ、異空間を体験できますよ~。

皆さんも、GWの間に是非訪れてみて下さいね。

by 山本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*