歯の豆知識

2004年10月号

セルフブレスケアとは?

口臭は防げる!

 口臭の原因の90%は口の中の雑菌にあります。そのうちの20%は歯周病などの病気によるものであり、これはニオイが強烈なうえ歯科医院で治療するしか方法はありません。
 しかし、悩みの多くは誰しもが持つ生理的口臭だと言われています。これについて、口臭の専門医の本田俊一先生は、以下のように解説されています。

口が渇くイメージ

新鮮な唾液には中和作用があり、口内のpHを中性にします。つまり、十分な唾液が分泌されずpHが酸性やアルカリ性に傾いたときに、嫌気性菌の活動が活発になり口臭が発生します。実はそこに、ひとつめの口臭予防のポイントがあります。

水
ガム

ガムを噛むのも効果的。常に唾液が出続けるからです。しかし、まさかオフィスでガムを噛むわけにはいかないでしょうから(笑)、次のような噛み方を提案します。
ガムを噛み終わったら、それを丸めて口に入れておいてください。噛まずに入れておくだけでいいです。異物を外に吐き出そうとして、黙っていても唾液が出てきていますよ。最近人気のエチケットフィルムなども、強い刺激が唾液分泌の呼び水となり有効ですね。

また、口臭が起こるシチュエーションはいくつかあります。例えば、起床時や緊張している時は唾液の量が少なくなります。空腹時は、口の中の雑菌ではなく、肺から悪臭が発生しやすくなります。ここにも口臭予防のポイントが・・・

口臭対策といっても実は非常に簡単なものばかりですね。
髪型を整えるように、毎朝口内を整えればキスの距離に入っても怖くありませんよ!