一般歯科とは

一般歯科とは、虫歯歯周病詰め物や被せ物入れ歯に関することなど、患者さんが通常歯科医院に来られた際に受けることのできる、大半の治療のことを指します。
「歯が痛い・しみる・噛めない・腫れた」「詰め物や被せ物がとれた」「入れ歯が合わない」だけでなく、「歯の掃除をしてほしい」「歯科検診を受けたい」など、お口の中のお悩みは、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

当院では、できうる限りの技術で「痛みの少ない・削らない・抜かない」治療に努めています。また、事前にインフォームドコンセント(説明と同意)を充分に行い、治療は可能な限り患者さんのご負担の少ない、保険診療内でしっかりとさせていただきます。

虫歯治療

虫歯治療 虫歯治療

虫歯とは、歯垢などに潜むミュータンス菌(虫歯の原因菌)が、食物の糖質を栄養分として酸を作り、この酸によって歯が溶かされてしまった状態をいいます。
虫歯は放っておくとどんどん悪化し、絶対に自然治癒することはありません。ご自身の歯を長持ちさせるためにも、歯に違和感を覚えたら、どうぞお早めに治療にお越しください。
可能な限り「痛みの少ない・削らない・抜かない」方法で、皆さまの大切な歯を1本でも多く残せるよう努めさせていただきます。

虫歯セルフチェック

  • 冷たいものや熱いもの、甘いものや酸っぱいものがしみる
  • 何もしていなくても、ときどき痛む
  • 食べ物がいつも同じ箇所に挟まる
  • 舌で触ると引っかかりを感じる
  • 歯の表面の溝が黒くなったり、欠けたり、穴があいている

このような症状があれば、虫歯の前兆です。お早めに治療を受けられることをおすすめします。

歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは、歯と歯ぐきの隙間から侵入した歯周病菌から生み出される毒素が、歯の周りに腫れや出血などの炎症を起こし、さらには歯を支える骨までも溶かして、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気のことをいいます。
虫歯とは異なり、自覚症状がないままじわじわと進行するため、歯ぐきからの出血などで気づいたときには、かなり重症化してしまっていることも多くあります。成人の約8割がかかっているとされ、実は歯を失う一番の原因も、虫歯ではなく歯周病です。
また、近年では心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病、早期低体重児出産など、全身へさまざまな悪影響を及ぼすこともわかってきています。

当院では、まずは治療計画をしっかりと立て、歯垢や歯石の除去を行うとともに、担当の歯科衛生士がプラークコントロール(歯ブラシなどの清掃用具によって歯垢を減らす)の指導にあたります。
また、できる限り歯を残せるよう、グラグラした動揺歯を固定し、噛み合わせの回復も図っていきます。さらに、病巣があり、外科的手術などが必要な場合には、CT画像で事前説明し、納得していただいたうえで手術を行います。

歯周病セルフチェック

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする
  • 歯磨きのとき、歯ぐきから出血する
  • 歯ぐきが痩せて、歯と歯の隙間が開いてきた気がする
  • 歯が長くなったような気がする
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯がグラグラする
  • 口臭を指摘された

このような症状があれば、歯周病の可能性があります。
歯周病は進行すればするほど治療が困難になり、多大な時間と費用が必要になってきます。早めの発見と治療のためにも、定期的な歯科検診をおすすめします。

虫歯や歯周病の予防について

虫歯や歯周病の予防について

「歯が痛くなったら歯医者さんへ」は大前提ですが、削ったり抜いたりする対処療法だけでは、根本的な解決にはなっていません。痛みが無くなると、これで治ったと安心してしまいがちですが、「何が原因で虫歯や歯周病になったのか」を考え、再発を予防することが大切です。
当院では「歯は健康の入り口」をモットーに予防歯科に重点をおき、皆さんのお口の健康管理・維持に努めています。歯のお掃除や歯科検診などもお気軽にご相談ください。

無痛治療

無痛治療

お口の中に虫歯や歯周病といったトラブルがあるにも関わらず、歯科医院の受診がつい後回しになってしまう理由の多くは、「歯の治療は痛い」というマイナスイメージではないかと思います。
当院では、そのような歯医者嫌いの方の負担を少しでも減らすために、表面麻酔や電動注射器、レーザーを用いた痛みの少ない治療に取り組んでいます。

表面麻酔剤

ビーゾカインゼリー
ビーゾカインゼリー
プロネスパスタアロマ
プロネスパスタアロマ

表面麻酔剤を歯ぐきに塗布してから、麻酔注射の針を挿入します。針が入る際の痛みを和らげます。

麻酔液を温める

麻酔液が冷たいと、体温との温度差により体が麻酔液が入ってきたと敏感に反応してしまうため、体温近くにまで温めてから注入します。

電動注射器

電動注射器
カートリーエースプロ

電動注射器を使って、ゆっくりとした一定の速度で麻酔薬を注入することで、痛みを軽減させます。また、手動の注射では圧がかかり過ぎて使用できない極細の針も、電動注射器ならば使うことができます。

レーザー

半導体レーザー(Panalas C05)
炭酸ガスレーザー
(Panalas C05)
半導体レーザー(ezlase 940nm)
半導体レーザー
(ezlase 940nm)

レーザーによる治療は、患部の腫れが抑えられ、出血もほぼなく、傷跡も残りにくいほか、治りも早くなり、治療後の痛みもほとんどありません。歯を抜くことや削ることを最小限にとどめることができるため、麻酔をせずに治療を行えるケースもあります。さらに、歯を削る際のキーンという音もしないため、心理的な不安も取り除かれます。

詰め物・被せ物

詰め物・被せ物

虫歯治療で歯を削った場合、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)によって患部を補いますが、その歯科素材には、保険診療の場合はレジン(歯科用プラスチック)や金属(銀歯)、自由診療の場合はセラミックなどと複数の選択肢があります。
当院は、まずは保険診療内で丁寧に治療することを重視していますが、双方の素材のメリット・デメリットも充分にご説明したうえで、できる限りご希望に沿ったものを提供させていただきます。

入れ歯(義歯)

詰め物・被せ物

「保険で作った入れ歯は口に合わない」そのように思われている方もいらっしゃるかと思いますが、作製時にきちんと型取りするのはもちろん、顎の筋肉や関節、舌、唾液の量といった口腔内外の環境もしっかりと考慮することで、保険・自費に関わらずお口に合う入れ歯を作ることができます。
当院では、さまざまなご希望やお悩み、症状に応じて、納得いただける入れ歯を装着します。また、いつまでも快適にお使いいただくために、定期的なメンテナンスをおすすめしています。

入れ歯の種類

レジン床義歯

床(歯ぐきにあたる部分)がレジン(歯科用プラスチック)でできた、一般的な入れ歯です。
保険診療の入れ歯であるため、経済的負担が少なく、作製期間も短めで、ほとんどの症例に対応できるといったメリットがあります。

金属床義歯(メタルプレート)

床に薄い金属(コバルトクロム)を使用した入れ歯です。
レジンの1/3以下の厚みなので、違和感が生じにくく、しかも、耐久性に優れており、顎にもなじみやすくて、顎の骨も痩せにくいです。また金属であるため、食べ物の温度を感じやすく、味覚を損なわずに食事を楽しむことができます。

料金

金属床義歯(メタルプレート)
¥250,000(税別) / 1床

ノンクラスプデンチャー

歯ぐきにあたる部分が、柔らかい歯肉に近い色の生体用シリコンでできた、金属バネの見えない入れ歯です。
審美性に優れていて、目立たず、軽くて弾力性もあるため、お口の中にぴったりとフィットします。ブリッジ治療のように、両隣の健康な歯を削る必要もありません。金属をほとんど使用していないため、金属アレルギーが心配な方にでもご利用いただけます。
ただし、歯の欠損状態によっては適用できない場合もありますので、詳しくはお問い合わせください。

料金

ノンクラスプデンチャー
¥100,000〜200,000(税別) / 1床