歯の豆知識

2018年11月号

ノンメタル治療のすすめ

ノンメタル治療とは、歯の詰め物などに使われている害の多い金属を、体にやさしい材質(セラミックなど)へ置き換える治療のことです。 これまで健康保険適用の治療の場合、アマルガムという金属材料を使用することが一般的でした。しかし、アマルガムには水銀が50%も含まれており、最近ではその安全性を疑問視する声も聞かれます。 また、アマルガムなどの金属素材は見た目にもあまりよくないため、ノンメタルに交換することによって美しい口元が実現します。

メタル
健康保険が適用されるので安価ですが、金属アレルギーの方には使用できません。 また、金属成分が溶け出すことで、歯や歯ぐきが黒ずんできたり味覚障害を起こすこともあります。 しかも金属が発する微弱な電流によって、自律神経のバランスが崩れてしまうという報告もあります。 長い間、体の一部として使用することはあまりおすすめできません。

ノンメタル
素材がセラミックなど、歯の材質に近いので、自然な透明感のある仕上がりになります。 金属アレルギーを引きおこすことがなく、体に優しいことも特徴です。 口元が若々しくなるのでアンチエイジング効果もあります。 白く美しい歯を手に入れると同時に、体にも安心なノンメタル素材は、さまざまな種類があるので歯科医にご相談ください。