スタッフブログ~最新情報を随時更新中

スタッフ友好ディナー


福島区のミシュラン・ひとつ星のフランス料理「リエゾン」に、スタッフ全員で出かけました。
院長はあいにく、少し体調不良のため自粛。

みんなで豪華で美味しいものを存分に味わおうという企画です。
今回のイベント幹事は、私(齊藤)です。
事前に、みんなの好き嫌いやアレルギーや好みなど、
全てをレストラン側にお伝えして、料理の準備をしていただきました。

開店は、ジャスト午後6時です。みんなで開店を待ちました。

まずは、高級シャンパンで乾杯です。

①最初に出てきたのは、「シェフの思い出」。
かわいいスワンの形のデコレーション。
芝生に見立ててあるのも、緑色のクッキーを砕いたもので、全部食べられます。
薔薇の花びらも、アクセントになっていて、花畑を想像できますね。

②ホワイトアスパラガスのブラマンジェ・かにのカクテル

③あじのタタキ

きれいなお花畑をイメージ!!
鯵のタタキの中に、チョリソー(辛めのソーセージ)が入っていて、意外な取り合わせにビックリしましたが、味がよくマッチしていました。

外国の方は、箸が使えないのでピンセットを使用する習慣があるようで、今回の細かい作業に使っておられました。
我々の仕事と同じ、とても精密で繊細な感じです。

向かって右から、無塩・墨入り・スモーク・トマト入り・・・
お料理に合わせた、バターも取り揃えてくださいました。

④椎茸のフォアグラ添え

上から出汁をかけていただきました。

フォアグラ大好き!!香ばしくて濃厚で、とっても美味しかったです。

⑤筍ごはん

和風の炊き込みごはん?・・・と思ったら、
リゾットが出てきました。

⑥長崎県産 甘鯛の鱗焼き・スープ・ド・ポワソン

これも出汁をかけていただき、温かさと味のまろやかさを堪能。

⑦鴨のロースト

鴨の苦手な人は、豚肉や魚のローストに変更。

⑧甘夏と日向夏のゼリー寄せ

ゼリーの上にのっていた
セロリのアイスが、初めて経験した味で、少しの苦味と柑橘系の風味が加わって、舌触りや味がさっぱりとしていました。

⑨プラリネのムース

ここでもピンセットによる盛り付け。

ほんとに目にも、舌にも大満足の特別コース料理でした。

7月の幹事は、貴島さんにバトンタッチ。
次回も楽しみにしています。

by 斉藤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*