LINEで送る

象牙質知覚過敏症

暑い日が続きますが、皆様の歯や歯茎は大丈夫ですか?
晴天が続くと冷たい飲み物・食べ物でクールダウンしたくなりますよね?!

冷たいものを含むと、歯か、歯茎かわからないけど、キーンッとすることや、
歯ブラシが当たると、痛んだり滲みたりすることはありませんか??

虫歯ではないのにどうして??
その症状は、知覚過敏症であることが多いようです!

原因はいくつかあります。

1、歯磨きをする時に、ゴシゴシと強くこすり過ぎて、歯の根元を傷つけてしまう。

この場合、正しい歯磨き法に改善することで予防できます。
ドラックストアーなどでは、たくさんの種類の歯磨剤が並んでいますが、
その中には、研磨剤がたくさん配合されているモノがあり、表面はきれいになる一方、歯の象牙質を削ってしまうことになります。
結果、滲みる要因になるので注意が必要です。

2、酢の物や飴やお菓子をよく食べる。

砂糖は、お口の中でバクテリアに分解されて酸に変わります。
歯の表面のエナメル質を溶かす作用がある酸性のお酢や、酸を産み出す砂糖類は、
それを控えることで予防できます。

また、汗をかく今の季節、アクエリアスやポカリスエットなど、体内への塩分や糖分のバランス補給にはいいのですが、
糖分が大量に入っているので、飲んだ後は水で口の中をグチュグチュと洗い流すことが必要です。

3、噛み合わせが悪い、また、常に食いしばりや歯ぎしりをしている。

この場合、歯が次第に削れてしまい、滲みる原因になります。
予防法としては、マウスピースを着用することで、歯の負担を軽減することができます。
また、舌をよく動かして、口周りの筋肉を軟らかくし、口呼吸→鼻呼吸にすることも大切です。

まだまだ暑い晩夏を乗り切るためにも、歯や歯茎や口腔粘膜の健口を保つ為に、是非お越し下さいネ。

by 薮下

LINEで送る

殺菌ウガイ

大阪府の吉村知事の発言で、「ポビドンヨード」が一人歩きしてしまいました。
皆さん、イソジンうがい薬でうがいすることが新型コロナウイルス感染予防になる・・・と勘違い。

風邪や喉に炎症がある時や、歯を抜いたあとの消毒などには、イソジンうがい薬の消炎効果がありますが、
日常的に予防に使うことは、かえって大切な常在菌まで殺菌してしまうので、
口腔内の免疫力を衰えさせることもあります。

薬は、正しく使うことで効果があります。
皆さん、よく調べてから使うようにしましょう!!

『ポビドンヨードによるうがいは新型コロナを改善させる』は本当か?医師が解説
https://news.yahoo.co.jp/byline/horimukaikenta/20200804-00191721/?fbclid=IwAR2yN7rhxNkzczRPKk-yWU9eTaa65sUi8KGcDfVKnUQJwqO_6FgjPlXVfLk

当院では、イソジンガーグル液は処方しておりません。
歯にヨードの着色があるからです。
特に歯のホワイトニングをされている方には、不適です。
その為、消毒と口腔粘膜保護を兼ねた、アズレン含嗽用顆粒を処方しています。

また、ウイルスは歯周病菌に付くので、治療前には、
歯周病菌を殺菌する「クロルヘキシジングルコン酸塩」を含むうがい液で、
グチュグチュとガラガラうがいをしていただいております。

診察時には、ご協力の程よろしくお願いいたします。

by 江上一郎

LINEで送る

デンタルフロスの選び方

ウートピを基幹に大型ニュースサイト複数に配信されました。

デンタルフロスの選び方…
ワックスあり、なし、ふくらむタイプ、どれがいい?【歯科医に聞く】
https://wotopi.jp/archives/103350

LINEで送る

2020中津保育園歯科検診

延期になっていた中津保育園の歯科検診に行ってきました。

0~6歳児150名の園児を、理絵先生が順番に検診されます。
私は、記録係です。

0~1歳児は、まだ生え立ての歯なので、むし歯はありませんが、
きちんと生えているかどうかの確認をします。

保育士さんは、背中に負ぶいながら前に抱っこもされ、ほんとに重労働ですね。
お疲れさまです。

折しも「七夕」の時期だったので、笹の葉に短冊がぶら下げてありました。

2~3歳児になると、そろそろ指しゃぶり、磨き残しの歯垢が付いている児などが見受けられます。

たまに、2個の歯が1個に融合して生えてくる「癒合歯」や、

1個の歯が2個に分かれている「過剰歯」もあります。

乳歯が生え揃っていなかったりするので、お口の中をしっかりと観ながら、記録します。

3~4歳児では、むし歯が出来はじめたり、歯並びの悪い子や、噛み合わせが良くない児などが見受けられます。
むし歯が治療されている歯(処置済歯)と、放置されている歯(カリエス)があるので、それを記入していきます。

理絵先生の検診のスピードが速いので、ちょっとパニクってしまい、
そのスピードに付いていき、きちんと記録するだけで必死です。(汗)
しかも、近視メガネではなく、老眼鏡ですから・・・(悲)

4~6歳児になると、かなりむし歯が多い児も見受けられます。

昔は多かったけれど最近は見かけない「みそっ歯」と言われる、多発性う蝕のお子さんも2名ありました。

やはり、食後や寝る前に歯磨きをしないという、家庭での生活習慣が問題だと思われます。

他にも、噛み合わせの悪い児も多く見られました。
噛み合わせが上下逆になっている「反対咬合」。

永久歯が生えてきているのに、乳歯が未だ抜けていない、もしくは抜いていない児。

噛み合わせがとても深い「過蓋咬合

奥歯は噛んでいるのに、前歯が噛み合わずに開いている「開咬

噛み合わせが、左右の上下が逆になっている「交差咬合

上の前歯が前方に突出している「上顎前突

乳歯の段階で、下顎の発育ができず、屏風のように折れ曲がった歯列。

様々な噛み合わせがあり、これは、歯科医師の指導の下に、
「食生活習慣」と「舌の動き」や「姿勢」を変えることで、歯並びも変化させていくことができます。
こういう場合は、6才からの小児矯正もしておりますので、また、理絵先生にお尋ねください。

検診終了後には、バラ組さん(5~6歳児)が、水遊びをしていました。とっても楽しそうでしたよ。

私たちは、飲み物と果物を出していただき、終わって「ホッと一息」させていただきました。

いろんなケースがありましたが、昔に比べるとむし歯のお子さんは確実に減っています。
ただ、噛まずにご飯を急いで飲み込むような食生活が多いので、
しっかりゆっくり噛んで顎を成長させ、正しい噛み合わせになっていただきたいと願います。

by 米山

LINEで送る

歯の疾患原因でコロナ重症化のおそれ

日本歯科医師会が、新型コロナウイルスと歯周病の関係記事を掲載!!
歯周病などが原因で、新型コロナウイルスが重症化するおそれがあるとの見解が示されています。

鶴見大学歯学部の花田教授によると、
歯周病患者は、無菌のはずの血液の中に細菌が存在する「菌血症」などを発症する可能性が高く、
新型コロナウイルスに感染すると、サイトカインストーム(免疫暴走)の危険性が増えるという。

歯周病は、日本人の8割が罹患しているといわれていて、
日本歯科医師会は、歯や口の健康を維持することが重要としています。

新型コロナウイルス感染症に負けない歯と口の健康づくり」
https://www.jda.or.jp/corona/Tooth-and-mouth-health.html?fbclid=IwAR2cOf-sQzFVp8BsZP_z9teJd41KdBZo-ldS403Ru6OmSDZdzFdgG3l_fgU

LINEで送る

デンタルフロスはいつ使う?

ウートピを基幹に大型ニュースサイト複数に配信されました。

デンタルフロスの使い方 第2回
デンタルフロスはいつ使う? 
歯磨きの前、後、寝る前?【歯科医に聞く】

https://wotopi.jp/archives/102440

☆2020.07.09 ウートピ記事の1位を獲得☆

LINEで送る

デンタルフロスの上手な使い方・第1回

大型ニュースサイト・ウートピに、
江上一郎院長の記事が配信されました。

歯ブラシと併用で歯垢を85%処理!
デンタルフロスの使い方のコツ
【歯科医に聞く】
https://wotopi.jp/archives/102056

写真のモデルは、副院長の理絵先生です。
さすがに、綺麗な歯並びですね~♪

LINEで送る

ぴっころきっず歯科検診

コロナ禍で延期になっていた歯科検診ですが、やっとできる環境になりました。
今回は、ぴっころきっず保育園の3ヶ園を1度に検診してまわります。

理絵先生に付いていって、検診結果を書き込みます。
先ず、最初は診療所の斜め向かいにある、中津園からです。


ここは乳幼児が多く、歯科的に問題のある児はほとんどおられませんでした。
10数人だったので、あっという間に終わりました。

次は、北梅田園です。ここには、0歳~6歳まで約70名の園児です。


2階に案内されたら、すでに3歳児が1列に並んで待っていてくれました。
さすがに園長先生の段取りがいいですね~。

なんとなく不安げな3歳児ですが、泣く子はいません。
みんなお利口さんです。

園児も国際色豊かで、中国、韓国、モンゴル、ロシア、ハバナ等のハーフのお子様も!!

むし歯は、有る児と無い児の差がはっきりしています。
親御さんの、歯みがきのしつけや、歯への関心度も影響しています。
また、乳児のときの食事の与え方や食べ方、口呼吸や姿勢なども、歯の生え方に関わってきます。

<不正咬合>
歯の噛み合わせが上下逆になった「反対咬合

指しゃぶりの習癖がずっとあると「上顎前突

食物を噛まずに吸い上げて飲み込むと「過蓋咬合

などが診られました。

指しゃぶりが多いのにも驚きました。習癖を止めさせるのはなかなか難しいですね。
でも、早めに歯科で相談されておくことが大切です。

お天気が良かったので、歯科検診が終わったお子様達は、すぐに外に出てお散歩されるようでした。
コロナのことも忘れさせてくれる、とっても元気のいい可愛い子供達でしたよ。

by 斉藤

LINEで送る

歯みがきのタイミング

本日、PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)に、江上一郎院長の記事が配信されました。
院長の著書「すべての不調は口から始まる」からの抜粋校正されたものです。

歯科医が断言「食後30分以内に歯磨きをしてはいけない」
うがい後の水は飲んだほうがいい

https://president.jp/articles/-/36327

LINEで送る

ブラックトライアングル

ウートピに、江上一郎院長の記事が配信されました。

歯にブラックトライアングル?
大人のむし歯ができやすい場所は?【歯科医が教える】
https://wotopi.jp/archives/100653

LINEで送る

歯科医師会からの報告

歯科受診の際、新型コロナウイルス感染リスクのご不安に関して
神奈川県歯科医師会会員の方からの報告がございます。
ご一読いただき、我々、歯科医療従事者の感染対策等について
書いてありますので、是非ご一読ください。

歯科医院受診は新型コロナウィルスの感染リスクを高めるか?

https://www.dent-kng.or.jp/colum/basic/2082/?fbclid=IwAR1y5XhtRMCepw2b9HKGc8L1REqOuljJSqIuU_8WpuSM-qlyLZqX_zCd5Ak

むし歯や歯周病を放置せず、歯科を受診していただき、
口腔ケアをきちんとして、ウイルスに負けない免疫力を維持していきましょう!!

「感染症は口で止める」
ご自身でも、唾液をたくさん出すセルフケア法を毎日続けてください。

by 江上一郎

LINEで送る

すべての不調は口から始まる

私こと、江上一郎の初出版本
「すべての不調は口から始まる」
が、集英社から5月15日に発売されます。

口腔ケアについて詳細に書いております。
今、多くの感染症予防に必要なのは、「唾液力」!!

手洗い、うがい、マスクも重要ですが、
自分自身から生み出す唾液が、とても大切です。

むし歯や歯周病はもちろんのこと、お口を清潔に快適にしておくことが
全身の健康を維持することに繋がっていきます。

歯科で歯石除去等の予防処置も大切ですが、
本書では、日頃のセルフケア方法も列記しております。
https://www.yumble.com/topics31_koukuu.html

目に見えないウイルスにも打ち勝つ、免疫力を養うためにも、
本書をお読みいただき、理解と納得をしていただきながら、

「感染症は口で止める」を合言葉に

是非、セルフケアに励んでくださいますように!!

by 江上一郎

☆集英社新書「すべての不調は口から始まる」
のご購入予約はこちら↓↓↓

・アマゾン 1冊から無料
https://amzn.to/2S0KupF

・楽天ブックス 1冊から無料
https://books.rakuten.co.jp/rb/16299924/

・7ネット セブンイレブンで受け取ると無料
https://7net.omni7.jp/detail/1107090923