スタッフブログ~最新情報を随時更新中


中津小・春の歯科検診

大阪市立中津小学校の春の歯科検診が始まりました。
本日は、5・6年生です。

みんな昼休憩が終ったら、保健室で待ってくれています。

すぐに理絵先生と佐藤先生が、検診を始められました。

さすがに高学年だけあって、静かに待ってくれています。

孫のセイト君も5年生です。ちょっとテレながら、検診してもらっていました。

昔のように虫歯だらけの子は、ほとんどいません。親御さんの関心度も高く、デンタルIQが高いので、早めに治療もされているようです。

ただ、噛み合わせは、年々柔らかいものを食べる傾向のため、顎が充分に成長できず、歯がキレイに並びにくい児が多いです。
“お口ポカン”の口呼吸をしている児童も多く、これも歯並びに影響します。

食物をしっかりと噛み砕く力は、歯並びだけでなく、脳への血流にも影響し、脳の発育にも関与しています。
低学年の方は、食生活や姿勢や生活習慣からの見直しも大切です。

お子さんの歯並びが気になられる方は、咬合育成を学び小児矯正を専門にしている理絵先生にご相談ください。

by 江上浩子


親知らずの含歯性嚢胞

第三大臼歯を、一般的に「親しらず(智歯)」と呼びます。
最近のお子様達は、よく噛まなくてもよい、ハンバーグ・カレーライス・スパゲティ・うどん等を召し上がる機会が多いと思います。そのため、顎が発育せずに、大人になってから生えてくる「8番」と呼ばれる一番奥の歯が、真っ直ぐに生えてきません。埋まっていたり(埋伏智歯)、横向いていたり(水平埋伏智歯)している方がほとんどです。

この埋伏智歯は、顎の骨の中でじっとしててくれれば、何の問題もありません。「寝た子を起こすな」的発想で、顎に埋まった地雷のような感じで、そっと置いておけばいいのです。
が・・・
むくむくと起き上がってきたり、前の歯を押してきたりすると、炎症や痛みが出て、当院に来院されます。
この場合は、症状が表れてから、抜歯になる場合がほとんどです。

ところが・・・
日常は何の症状も無いけれど、
なんとなく顎周囲が、じわっと腫れぼったい感じということで来られて、パノラマレントゲン撮影をすると、
水平埋伏智歯の周囲に、風船のような袋(嚢胞)の画像が見られます。
これを、「含歯性嚢胞」(がんしせいのうほう)と言います。

本日も、昨日も、初診で来られ、レントゲンを撮って発見されました。
基本的に、含歯性嚢胞を手術して取ればいいのですが、嚢胞が大きな場合は、病院をご紹介し入院していただくことになります。

日常的に症状が無くても、歯科検診時にレントゲン撮影をして、顎の様子も確認しておくことは重要です。
やはり、きちんと数ヶ月~半年毎の検診を欠かさずしていただくのが、より良い予防歯科ですね。

by 江上一郎


口腔がん??

ここ数日、「口腔がん」「舌がん」を心配されて来院される患者さんが急増。
①口内炎のような「白い点」があるが、なかなか治らない。
②舌全体が白く、舌の横側が擦れて赤くなっており、痛む。
③舌先に赤いブツブツができており、治りにくい。
④歯の下の骨のところに、プツッと穴が開いているが、痛くもない。
⑤口唇上下と舌裏側がちくちく痛む
等の症状のある方々です。

①の方は、昨年末から白いのができて、全く治らないので、もしや・・・と思って来院。
「親知らずですよ~」
レントゲン写真を診てみると、親知らずが奥からちょこっと顔をのぞかせていただけでした。
もう、患者さんを交えて、診療所内は爆笑の渦♪♪


②の方は、仕事終わりに必死になって駆けつけられました。
口腔カンジダ症かもしれないと自己判断されていました。
来られたら、舌苔も全体についていましたが、舌の横は擦り傷がありました。
それよりも、口腔内清掃がきちんとできておらず、歯垢がいっぱいついて歯肉炎症のほうがひどかったです。

③の方は、少しストレスで、唾液分泌が悪く、舌先が赤くなって荒れていました。
口腔内清掃と歯石除去をして、日常的には「水」をたっぷり飲むようにお伝えしました。

④の方は、口内炎でもなんでもなく、唾液腺の出口でした。

⑤の方は、免疫力低下による肌荒れのような感じで、口唇も荒れていて、舌裏はまさしく口内炎。

皆さん、ほんまに「がん」でなくて良かったですね~。
患者さんも、ホッと安心して帰られましたよ。

by 江上浩子


サンタを探せin中津

週刊大阪日日新聞の企画で、12月15日(土)13時~16時
サンタを探せ!in中津に参加させていただきました。

当院では、幼児・小学生向けに、キシリトール入りのタブレットとハブラシを、サンタのプレゼントとして100セット準備しました。


私も一応、サンタの帽子をかぶって・・・
プレゼントの合言葉は「メリークリスマス♪」

13時になると、すぐにやって来られましたぁ~。

団体で来られる方達もあり、裏方はてんてこ舞い(汗)。


でも、皆ほんとにカワイイですね~~♪♪

2~3歳児から、小学生高学年まで、たくさん来てくださいました。

参加されたのは82名。

途中で、このキシリトール入りタブレットを8個購入したいとのお申し込みもあり、ちょうど余った分をお分けいたしました。

当院でも、お子様(小学生以下)へのクリスマスプレゼントとして、タブレットを12月18日~25日までお渡ししています。
是非、この期間中に検診にいらしてくださいね~。
お待ちしております。

by 江上浩子


歯の神経

毎日のように、「冷たいものや熱いものが沁みる」とか「歯が痛くて噛めない」と言って、来院される患者さん。
たった1本でも、痛かったら、ご飯を食べるたびに疼いて、美味しく食べられませんね。

小さな虫歯の場合は、ほんの少し、虫歯になって脱灰した部分を削って、詰めたり、金属を埋めたりすればいいのですが・・・
歯の神経に届くような、大きな虫歯の場合は、削るのも痛いので麻酔をし、さらに大きな虫歯の場合は、歯の神経を抜き取ってしまいます。

日常的に、麻酔下で歯の神経を取ることが多いのですが、
先日、左下大臼歯の神経を抜き取った時、普通の2倍位の太さの神経が出てきました。
「うわぁ~、大根みたい!!」と思わず、叫んでしまいました。

若い女性なので、歯に栄養を運ぶために、神経も太いのは当たり前なのですが、こんなに太い神経を見たのは、私も初めてです。
これぞ、ほんま物の「図太い神経」です(笑)。

皆さんも、歯の神経を取らなくてもいいように、早めに検診して治療なさってくださいね。

by 江上理絵


EBAC合同研修会2018

口臭症治療のほんだ歯科提携クリニック認定医が全国から集結しました。

会場のシェラトン都ホテルの会場は、後方部まで満席!!今回も400人規模です。

★ほんだ歯科の本田俊一先生の講義

最近の流行の「スマホ病」といわれる症状が、様々に表れている。
舌根部の長時間の圧迫が原因と思われる症状
「顎関節症・開口障害・嚥下阻害・呼吸阻害」等があげられます。

これを改善するには、姿勢だけではなく「目線」が真っ直ぐに相手を視るようにすることが大切。

そして、「ほんとうに怖い歯周病」のDVDを作製され説明していただきました。

★岡山大学大学院の森田学教授の講演
「水素による酸化ストレスコントロールは、歯周病に有効か?」
予防歯科学的な研究から、水素水の有効性を調べておられました。

★プロフレッシュの開発者・リクター先生の講演

口臭予防やケアに使う二酸化塩素製剤であるプロフレッシュ。
これの濃度をあげて歯周病予防に対応した、新発売の「プロペリ」の作用機序や歯周病菌に対しての親和性を、アメリカより来日して、お話しいただきました。

プロペリは、有害な影響が全く無く、結合組織の治癒を高めることもできる等、有用性がたくさんあります。

口臭予防は、歯周病予防にもつながり、口腔内が整うことで、口腔機能がより向上していきます。
予防歯科は、全身の予防医学にも繋がっていきます。

年末には、お口の中も大掃除して、キレイな息で新しい年を迎えましょう!!

by 江上一郎


いい歯の日にフッ素塗布

11月8日「いい歯の日」には、中津保育園でのフッ素塗布。

フッ素ジェルでコーティングして、歯を強くすることが虫歯予防につながります。
今年も、サンスター株式会社・医科歯科営業部・穂積先生のご協力を得て、実施しました。

2~3歳児には、分かり易い紙芝居から始まります。穂積先生のお話にみんな集中して聴いています。こんな幼い児でも、先生の言うことが理解できるのですね。

「虫歯にならないように、キレイに歯みがきして、お薬を塗ってもらいましょうね~。」

2歳児は、ブクブクうがいをしてもらって、早速にフッ素塗布開始。

何か嫌な事をされると察知したら、急に泣き出す児もいます。すると、ちょっとためらっていた児も、泣き声に反応して、パニックになるようです。9割の児は、きちんと3分間我慢して噛んでくれています。

3歳児からは、当院スタッフに仕上げ歯みがきをしてもらってから、フッ素塗布します。


今年のタンポポ組さんは、一人も泣かずに、全員とっても上手にできました。


ブクブクと、カニさんのように泡を立てながらも、頑張っている児もいます。

その間に、4~5歳児に歯のお話。さすがに大きい児は、しっかりと聴いてくれています。歯みがきの方法も、その通りに全員ができています。素晴らしいですね。

うがいも、想像でブクブク・ガラガラとできています。

その後、仕上げ磨きをしてもらって・・・

フッ素塗布開始!!

4~5歳児は、とてもスムーズに・・・と思ったら、泣き喚く、口を開けない、絶対拒否型の児が数人。
いろいろ大変でしたが、園児約110名に塗布を終えました。

皆さん、お疲れ様でした。
穂積先生、ありがとうございました。また、来年もよろしくお願い致します。

by 江上浩子


歯並びは夜なおす時代

歯並び矯正は、永久歯が生え揃ってからでは遅いです。
当院では、6歳からの小児矯正「NeO-Cap.System」(ネオキャップシステム)を取り入れています。

奥歯にキャップと呼ばれる歯の形をしたものをはめて、噛み合わせを変え、お口の中の空間を確保します。そして、ビムラーという装置を入れて、悪い舌癖をとり、「舌」が正しい位置に留まるようにします。すると、自然に、歯はだんだんとお口の形に添って並んできます。


このビムラーは夜だけ装着します。日中は、一般的な矯正のワイヤーも無く、快適に過ごせます。
お子さんの負担も少なく、費用も一般矯正より安価にできます。

今回は、発案者の永井光希子先生が、長野県須坂市から、調整と施術指導にわざわざ来てくださいました。理絵先生も、ひとりひとりの噛み癖や口腔内の状態を診て、最良の調整方法を学ばれていました。

日ごとに変わっていく我が子の歯並びを見て、お母様方も、良くなる事を実感していただいているようです。皆さん、とても嬉しそうに永井先生の施術を観ておられました。

きれいな歯並びは、一生の財産!!
お子様の歯並びがおかしいと気付かれたお母様は、早めにご相談くださいね。
いつでも対応させていただきます。

永井先生とは、近隣の焼肉店で懇親会をしました。

今回は、2時間で13名のお子様を診ていただきました。
ご多忙の中、当院のためにだけ来ていただき、本当にありがとうございました。

by 江上一郎


8020表彰・大阪市長賞

第23回大阪歯科保健大会において、8020表彰式(80歳以上で健康な歯を20本以上持っている方)で、今年も当院の患者さん(松浦様)が受賞されました。しかも、「大阪市長賞」です!!素晴らしいことです。

過去5年間に連続で、当院からの推薦者が何らかの賞を受賞されています。大阪市長賞は、昨年に続き2年連続です。
長年通っていただいている患者さんばかりで、当院にとっても光栄なことですし、喜びでいっぱいです。

82歳の松浦様は、表彰式にご夫妻で臨まれました。「おしどり夫婦」のお手本のような、とても仲の良いご夫妻です。
推薦するときのアンケートに答えていただく時に、
「お好きなものは何ですか?」
とお尋ねしたら、
「あっ、うちの奥さんです。」
と、テレも無くお答えされたので、
「それはよ~く存じております。」
周囲は大爆笑!!

「あの~、今回は歯の表彰なので、特にお好きな食べ物をお聞きしたいのですが・・・」
「あっ、食べ物ですか。何でも好き嫌い無く食べるので、特にこれというものも無いですが・・・」
という感じのユニークなご主人です。でも、愛妻家で、奥様の手料理だったら文句がないという、素敵な方です。

表彰式のあと、歯科医師会館より一緒に梅田まで帰ってきました。道中には、「奥さんは、僕の命の恩人」と仰っていました。奥さんが、ご主人の心臓の病状を察知して医者に診てもらうように促されて、結局大手術をすることになり、手術も成功して助かったというお話でした。ほんとに寄り添い合って生きてこられたのですね。

8020表彰は、とっても名誉なことです。こうして喜んでいただける患者さんのためにも、日々、メンテナンスのサポートをさせていただきたいと思います。皆さん、定期検診には必ずお越しくださいね。

by 江上浩子


第42回歯の親子教室

2018年秋・第42回歯の親子教室を開催いたしました。
9組24名のご参加で、今回は、パパが5名も来てくださいました。

担当は、理絵先生・米山衛生士・畑本衛生士です。


まずは、虫歯の話から。

今回は特に「噛み合わせ」にポイントを置き、「食生活」や「姿勢」についてお話しました。

フッ素の話も、いつものように、卵を使って効果を観ていただきました。

キシリトールの説明のあと、キシリトール100%のチョコレートを皆さんに試食していただきました。

歯を抜かずにできる小児矯正は、ほんの触りだけお話させていただきました。

質問の時間には、皆さん活発に手が挙がっていて、しっかりと聴いてくださった様子がよく伺えました。
お忙しい中、ご参加いただき、本当にありがとうございました。

お帰りには、おみやげをご用意してお渡しいたしました。

また、次回は2019年春に予定しております。
どうぞよろしくお願い致します。

by 江上浩子


2018秋の歯科検診

大阪市立中津小学校の秋の歯科検診が始まりました。
本日の検診は、5・6年生です。院長と理絵先生が担当しました。

5年生も6年生も、とても静かに落ち着いて待っていました。
担任の先生のご指導がいいのでしょう。

保健室の先生のお話では、
「運動会で、いろんな役割を持たされたり、下級生の面倒をみたりすることで自覚して、責任感が育っていくようです。」
ということでした。

ちょうど院長の孫コウキ君が、6年生最後の検診でした。
もう、いつものように照れることもなく、普通に淡々としていました。
(子供から、ちょっと思春期の稜線に入ったかな?)


小学校の6年間で、乳歯から永久歯にほとんど生え変わります。この身体的激動の時期を、たくさんのお友達とともに、中津小学校で育てていただき、「ほんとにありがたいなぁ」と感謝の気持ちで一杯になりました。

これからも、地域の子供達の為に、ずっと貢献させていただきたいと思います。

by 江上浩子


歯並びの日

ライオン㈱の製品に付いているマークを集めると、
いろんな景品がもらえます。

今回は60枚溜めて、液体キレイキレイが24個も送られてきました!!


たまたま、お掃除大好きな私が最近はまっている
「セスキ炭酸ソーダ」も大量に送られてきました。

セスキ炭酸ソーダは、家具やビニールクロスの壁紙、洗濯物の汗の臭いや汚れにも抜群の効果!!
いろんなものが、新品同様に綺麗になります。
レースの敷物やカーテンも、これで真新しいものに蘇りますよ~。

8月8日は、「歯並びの日」「笑いの日」etc.

歯もキレイキレイにして、真っ白な歯を見せて、
はははは・・・・
笑いましょう!!

夏バテも笑うことで一掃できますよ~~。

by 江上浩子