LINEで送る

books on zlibrary

高知産の鰹タタキ

浩子事務長が「美味しいよ」とよく行っておられる「熊鰹」に
リクエストして連れて行ってもらいました。

鰹の藁焼きの「塩タタキ」がメッチャ美味しいと聞いて、楽しみに出かけました。

まずは、付け合わせに「ホタルイカ」の味噌和え。

釜揚げしらすのサラダ。

真鯛・イサキ・メジナの分厚いお刺身。

ほんまに藁で焼いているのですね。

でましたぁ~!!憧れの藁焼き塩タタキ!!絶品!!

ウツボなどが入った鍋。熱々で旨味たっぷり。

四万十ポークのミルフィーユカツも!!


〆は、雑炊です。

どれもこれもほんとに美味しかったですよ。ご馳走様でした!!

<長崎さんの感想>
初めての藁焼き鰹。普段、ポン酢で食べていましたが、塩で食べるタタキは
また一段と違う美味しさで、何度でも食べたくなる味でした。

料理の味はもちろんですが、スタッフさんの接客の良さもかなり印象的でした。
接客の良し悪しで、今後も行きたいお店と思えるかどうか・・・を学ばせてもらいました。

当院でも、歯科が怖いと思っておられる方に、「この歯医者ならば通える」と感じていただけるように
その接客を活かしていきたいです。
プライベートでも、また行きたいお店でした。

<湯谷さんの感想>
鰹のタタキを塩で食べるのも、ウツボを食べるのも初めての経験。
さらに、アルコールに弱い私が、ピーチウーロン茶にお酒を入れてもらって飲んだのも初めて!!

塩タタキを食べると、鰹の旨味や美味しさが口の中にいっぱい広がり、
幸福のひとときでした。
ウツボは、見た感じで食べるのが怖かったのですが、
とてもモチモチ食感で、美味しかったです。
今後、食べる機会があるかどうかわからないので、たくさん戴きました。

スタッフさんも優しくて、とても楽しかったし、接客の勉強にもなりました。
歯科衛生士としても、是非活かしていきたいです。
患者さんの気持ちになって、言葉掛けや気遣いをし、
「また行きたくなる歯科医院」を目指していきます。

<亀井さんの感想>
鰹のタタキを含むコース料理になっているのに驚きましたが、
どれもすごく美味しかったです。
鰹を藁で焼いているところを、間近で見せていただき、藁の良い香りがしました。

鍋には、ウツボが入っていて、生まれて初めて食べたのですが、
驚きの食感と美味しさで、また食べたいと思う味でした。

スタッフの皆さんも心のこもった接客で、
とても楽しく食事ができました。

次は、私が誘って誰かを連れて行ってあげたいと思いました。

LINEで送る

バレンタインDay💖

バレンタインデー当日には、スタッフから佐藤先生へ。
患者さんからは理絵先生にも。

やっぱり、プレゼントは「感謝の気持ち」をいただくので、
ほんとに嬉しいことですね♪

それぞれに選んで買ってきてくださった「労」に感謝。
当たり前ではなく、それぞれの想いがあって実現することです。

私からは、スタッフ全員に期間限定ケーキ🎂をプレゼント。

全員とっても喜んでくれましたよ~。

休憩時間には、笑みがいっぱい!!!

たまたま来られた歯科訪問事業の山本さんにも!!

ホワイトデーは、日本のお菓子屋さんが仕掛けたもので、
海外には無いそうですよ。
私も、お返しや見返りは求めていません。
ただ、みんなの喜ぶ顔が見たいだけです。

2月14日は、チョコレート感謝Day💖

by 江上浩子

LINEで送る

初・お誕生日祝

昨春に江上歯科に就職してから、
12月に初めてのお誕生日を迎えた、歯科アシスタントの長崎です。

年末だったので、1月生まれの理絵院長先生と一緒に
お祝いしていただきました。

苺のショートケーキとタルトです。
最近は、タマゴや小麦粉が値上がりし、ケーキも高騰しているようです。
高級ケーキで祝っていただき、本当にありがとうございます。

年齢は、20+α歳ですが・・・
皆さんに若く観られます😄
中身が大人になっていないせいかもしれません💦

ここの医院での仕事は、随分慣れてきましたので、
アシスタントに関しては少し余裕ができて来ました。
が、今は、受付業務を指導してもらっています。
言われる前に、いろんな気付きをしてパワーアップして行きたいと思います。

こんな私ですが、受付にいたらお声かけくださいネ!!
よろしくお願い致します。

ちなみに。。。
理絵先生は、ご自宅でもお祝いしていただかれたようです。

by 長崎

LINEで送る

今年もありがとうございました

2023年の診療最終日。
いつものように、お寿司でランチ忘年会。

今年は、江上歯科にとって、ほんとに激動の年でした。
3月から医療法人化し、スタッフも4月から新人3人を迎え、
11月に院長が亡くなり、理絵先生を理事長として診療しています。

表面上は何も変わっていないようですが、
事務手続きの数の多さと煩雑さには閉口しています。
院長の訃報に、永年来ていただいている患者様の心情は、察するにあまりある・・・

歯の異常など、何かあれば一郎院長に診てもらえると、
歯やお口のよりどころ、心のよりどころにしていただいておりながら、
ほんとに申し訳ございません。

たくさんの患者様の声を聴きながら、私も胸が痛む思いです。
「どこの歯医者さんに行っても、治らなかったのに、あっという間に楽にしてもらいました。」
「歯医者が怖くて行けなかったのですが、ここに来て初めて『通いたい』と思うようになりました。」
「いつ来ても、『遠いところからわざわざ来てもらってありがとう』と院長に優しく声かけてもらったことが忘れられない。」

数々のお言葉を頂戴し、のけぞって驚かれ、涙してくださる患者様に、
こちらこそ感謝の気持ちでいっぱいでございます。

一郎院長は、診療所でも家庭内でも、ほんとに100点満点の人でした。
たくさんの方に愛され、信頼され、慕われて、ほんとに幸せな人生でした。
皆様に、心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました!!

by 江上浩子

LINEで送る

11月お誕生日

11月にお誕生日を迎えた三浦さんと亀井さん。

亀井さんは、当院で初めて迎えるお誕生日です。
「お誕生日おめでとうございます!!」
苺のショートケーキでのお祝いです。

<亀井さんの感想>
江上歯科に勤務して半年が経過しましたが、
こうして職場で誕生日を祝っていただいたのは初めてです。
ひとりひとりを大切に思ってくださり、
本当にありがたいことだと感謝しています。
江上歯科で、学ぶこともまだまだありますが、
先輩方のご指導のもと、しっかりと吸収していきたいと思っています。
これからもよろしくお願い致します。

<三浦さんの感想>
いつもお祝いしていただき、ありがとうございます。
これで3回目の誕生日祝となります。
毎回、嬉しいのですが・・・
実は、本当の誕生日の夜に、いこい食堂に誘っていただき、
サプライズのケーキで祝っていただきました。

一人っきりで迎える淋しい誕生日と思っていたのに。。。
皆さんのご行為に感動して、涙が止まりませんでした。
私を仲間として受け入れてくださる気持ちがとても嬉しかったのです。
これからも、江上歯科の一員として、精一杯、働いていきたいと思います。

LINEで送る

干し柿づくり

能勢町の方からいただいた渋柿。
このまま放置するわけにいかず・・・
理絵先生が、裏方で皮むきを始めました。

メッチャ手際良いですね~♪
さすが、院長の娘さんだけあります。
血は争えません😲

私もお手伝いしようと、剥かれた柿を
紐に結びつける作業をしてみました。

干し柿は大好きなのですが、作る工程は初めてです。
柿の軸もしくはヘタに紐を巻き付けていきます。
思っているよりも意外と難しいです。
こんな感じに出来上がってきましたよ~~。

全部吊して、仕事終わりの診療所内に干してみました。
まるで、すだれのようです😄

このままではなく、翌日は裏庭に干してしばらく様子をみます。
毎日「美味しくな~れ」と、心待ちにしています。

by 三浦

LINEで送る

🎃ハロウィン準備

お向かいの「ぴっころきっず中津園」の園児達20名のために、
ハロウィンプレゼントを準備します。

歯を大切にしてもらうように、下記のモノを用意。
☆子供用ハブラシ
☆歯医者さんが作ったチョコレート
☆歯の形のラムネ

それに、江上歯科の名前も入れて、
ハロウィンシールも作ります。

ラッピングは、私にお任せください😊
オレンジのリボンをゲットしましたよ。
でき上がりはこんな感じ✨

カワイイ仔羊ちゃん達に出会えるのを、とても楽しみにしています。

Trick or Treat!!

by ムネチカ

LINEで送る

スタッフの憩いの場

江上歯科スタッフ10名で、久々の慰労会。
もちろん、阪急中津駅ガード下の「いこい食堂」です。

この辺りにお勤めされている方や、地元の方など、
「中津」にご縁のある方がたくさん集っておられます。

食べるものも家庭料理風で、「早い、安い、旨い」の3拍子揃っています。

<スタッフの感想>

✿今回、2回目のいこい食堂ですが、初めての時に食べた「肉じゃが」や「だし巻き」が
今までに食べていたのと、見た目と味も違って、とても美味しかったです。
平日の夜なのに、すごく賑わっていて、雰囲気も良くって楽しかったです。
by 亀井

✿今までに居酒屋へは、ほとんど行ったことがありません。
普通じゃない、あの地域密着型のワイワイ・ガヤガヤとした感じや、
酔っ払って盛り上がっている人を、今までに見たことがないので、
とてもビックリしました!!
しかも、酔っ払っていない私も愉しめる空気感があり、
「地元感」が半端なく、ほんとに楽しみました。
私の人生において、初めての経験でした。
by 湯谷

✿以前にも受付として勤めていたころと通算して、8年以上経過していますが、
驚くことに、「初いこい」なんです。
「えっ、はじめてなん(?_?)」と、スタッフや奥さんにもビックリされました。
やっと、中津の人間になれましたぁ~~!!
(^0^))☆爆笑☆((^Q^)v
by 溝口

LINEで送る

スケーリング実践会

先日、スタッフ同志で、歯石除去(スケーリング)の実践研修をしました。

歯科衛生士・プロとしてのテクニックの確認です。
実際にスケーリングしてもらうことで、患者さんの気持ちもよく分ります。
さらに、先輩に、的確なアドバイスももらえます。

亀井さんは、7年の実績があるので、実際にやりながら、
みんなに指導してくれました。

湯谷さんは、とても熱心にしっかりと実践状況を確認していました。
これからの本番活躍に期待しています。

理絵先生や婦長も、監修?の為にやって来ました。

治療室では、三浦さんが実際に歯科治療も受けていました。
治療を受けることも大切ですが、チェアで寝ている状況や口腔内の感覚を覚えておき、
患者さんの立場になって、いろんな視点を持つことが重要です。

日頃は、治療する立場なので、
逆転した立場を体感することで、見えるモノ感じるモノが違います。

ほんとに貴重な実践会であったと思います。
これからも、日々、当院患者さんのために、
いつも相手のことを感じながら、診療に携わってもらいたいと願います。

by 江上浩子

LINEで送る

10月お誕生日集合🎃

「10月誕生日の人、集合!!」
といったら、3人もいます。

江上歯科に勤めてから、5回目の誕生日を迎えました。
この時期は、ハロウィンのお菓子やグッズでいっぱいですね。

初年度に、自分のために買ってもらったのと同じ
カボチャのハロウィンケーキ🎃を、
今回も、私が阪急百貨店へ行き、みんなの分買ってきました。

こうして、毎年毎年欠かさずに祝っていただけるのが、
とても嬉しいです💖

今年は、後輩も増えたので、しっかりと仕事の内容を伝えて、
指導していきたいです。
やりがいも増えて、楽しい毎日です。

by 谷

LINEで送る

ディナーショー

やっと朝晩過ごしやすくなってきましたね。
そんな青空のきれいな秋分の日に、前々から行きたいと思っていた、
「ナジャ・グランディーバさんのディナーショー」に理絵先生と行ってきました。

会場は、新大阪の大阪ガーデンパレスホテルです。
先に食事をいただきます。

飲み物はフリーだったので、理絵先生と、いいペースで飲ませていただきました(^^)

それでは、ショーの始まりです!

実際のナジャさんはテレビで見る印象ほど大きくは感じませんでしたが、
ガタイがよくきれいでカッコよかっです。

ショーの間は写真NGでしたが、アンコールではOKだったので撮りまくりました。
総勢5人のドラァグクィーンのみなさんが会場を回って、お客さんも大盛り上がりでした。
理絵先生も超ノリノリでした!

こんな華やかなパーティーは、江上歯科40周年パーティー以来6年ぶりでした。
私も大きな声を出して盛り上がりスッキリしました。

今年もあと3ヶ月あまり、すぐに年末になりそうですが、
仕事も盛り上げて頑張りたいと思います。

by 米山

LINEで送る

定期検診メッセージ

毎月、私が担当させていただいている患者さんに、
定期検診のご案内ハガキを出させていただいております。

受付スタッフに、プリントしてもらったリコールハガキに
それぞれの患者さんに、手書きでメッセージを書いていきます。

毎月何十枚もあるので、それぞれの患者さんの治療状況をみるために、
カルテを引っ張り出し、患者さん毎に、まずはメモをとります。

その内容によって、治療後のお痛みはないかとか、
良く噛めていますかとか、歯石は付いていませんか等、
それぞれの患者さんのことを思い出しながら、
一行ずつ、大切に書かせていただいております。

お名前だけみても、なかなか思い出せないのですが、
カルテを開くと、その方のお口の状況とかが頭に浮かんできて、
前回した話の内容まで思い出せたりします。
ちょっとメモした言葉から、脳からのデータを引き出せます。

書いているときは、その患者さんが目の前におられるような気持ちで
言葉を綴っています。

リコールハガキが届いたら、江上歯科のことを思い出していただき、
是非、定期検診を受けて、健口な歯を保ってくださいますように。

1本1本の歯がとても大切な体の一部です。
お口のケアは、体のケアの第一歩!!
予防医学のためにも、まずは「予防歯科」を念頭に置いてくださいネ。

検診に来てくださるのをお待ち申し上げております。

by 斉藤