books on zlibrary

第20回EBAC合同研修会

LINEで送る

4年ぶりに、リアル開催となったほんだ式口臭治療認定歯科医師の合同研修会。

オンライン開催はありましたが、内容も重要ながら、
やはり、全国から集まってこられる認定医の先生方とお出会いでき、
お話することが何よりも楽しいことです。

今回の内容は、我々の恩師・本田俊一先生が
昨夏より、ステージ4の肺がんで、手術もできない状況と発覚。
冷静沈着な本田先生は、抗がん剤と免疫療法とを取り入れられ、
見事に「寛解」されました。

寛解とは、完治ではないですが、歯周病と同じで、ずっと付き合って療法を続け、
良い状態を維持していくということです。

それだけでないのが、本田先生の超人技です。
今回の合同研修会に、如何にして治っていったかと、
免疫を維持していくためには、医科歯科の連携の重要性、
口腔管理の重要性を感じられ、そこに免疫療法も加え、
最先端の先制医療を目指しておられます。

「老化は防ぎようのないもの」ではなく「老化は病気」と捉え、
改善できるものと位置づけて、いろんな取り組みをしていくということです。

口腔機能低下「オーラルフレイル」は、万病の元になります。
口腔ケアを欠かさず続けて、口臭もなく、老化(フレイル)も押さえて
快適な健康・健口生活を送りましょう!!




全国から集まられた330名ほどの認定医orカウンセラーですが、
16~17年前からされている古参の先生方との久しぶりの再会に
喜びいっぱいです♪♪

by 江上浩子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です