books on zlibrary

院長が急逝しました

LINEで送る

11月3日の早朝、江上一郎院長が、脳出血で急逝しました。
あまりに突然の訃報で大変驚かれていることと存じます。

11月1日(水)まで、いつも通りに診療しておりました。
ただ、骨髄異形成症候群で、正常血液が減少していき、
そんな中でも、一言も苦言を漏らさず、黙々と日々の診療を続けておりました。

たくさんの患者様に慕われ、愛されて、ほんとに幸せな人生だったことと思います。
ここに、生前のご厚情に深く感謝し、心よりお礼を申し上げます。
「ありがとうございました!!」

歯医者人生を駆け抜け、生涯現役を貫きました。
何十年も来ていただいている患者様や、新しくても密度の濃い患者様、
院長に会うと元気が出るといっていただける患者様。。。

ほんとに「ありがたい」の一言に尽きます。

これからは、娘の理絵先生が院長となって、江上歯科を継承していきます。
佐藤先生もスタッフ達も、全員のチームワークを持って、
皆様のご希望に添えるように、日々の診療を続けさせていただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

なお、亡き江上一郎院長の祭壇を2階に設けておりますので、
よろしければ、お参りくださいますようにお願い申し上げます。

by 江上浩子

コメント

  1. 医療法人笹川皮膚科理事長 笹川征雄さんによるコメント:

    江上一郎先生の訃報をお聞きして驚いております。先生の笑顔と元気なお声が目に浮かびます。私の無理な要望にも優しく的確に対応していただきました。心よりお悔やみ申し上げます。

  2. 村田 賀代子さんによるコメント:

    突然の訃報に、大変驚いております。
    長年、中津保育園で、お世話になり、江上先生の、気さくな物腰に、何時も、心和む日々でした。
    重ね重ね、感謝もうしあけるとともに、
    心より、お悔やみ申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です